2007年11月07日

渡&紀香コンビは13.0%スタート

秋ドラマが出そろった。先週スタートしたテレビ朝日の注目の2本、「相棒・シーズン6」と「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」はどうだったのか。
 映画化される「相棒」は想定内の15.9%だった。今や水谷豊、寺脇康文のコンビの面白さはドラマファンに完全に定着したといっていい。
 一方の「ごはん」は13.0%。あと2%アップが周囲の期待値だろう。「ごはん」は渡哲也と藤原紀香のホームコメディー。頑固オヤジの渡の疲れた感じと、息子の嫁の紀香のハリキリぶりが空回り気味か。今後の視聴率はどうなる?    (引用 YAHOOニュース

まずまずのスタートを切った「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」exclamation
明日、11月8日(木)の第3話は・・・


TV第3話あらすじ 

竜平(渡哲也)の“隠し子”である雫(星井七瀬)が復讐を目的に春日井家に乗り込んできたことを知ったたえ(藤原紀香)は、悩んだ末、何も聞かなかったことにしようと決めた…。

 その矢先、春日井家の長女・円(羽田美智子)から連絡があり、円の夫・宇喜田正邦(林泰文)と義母・静江(中村玉緒)が、仕事で鎌倉に立ち寄るついでに、竜平にあいさつをしたいと言い出したというのだ。嫁いだとき、円は竜平と縁を断っていたため、両者はこれまで顔を合わせたことがなかったという。
 円の嫁ぎ先の宇喜田家は、華道の家元。春日井家とはまったく違う、上品でセレブな一族だった。新平(徳重聡)は、竜平の離婚の原因が隠し子であることがわかったら、円は離縁されてしまうと反対するが、竜平はなぜか乗り気だ。

翌日、鎌倉のホテルで両家の会食が行なわれた。雫のことはくれぐれも話さないように、とたえが念を押していたにもかかわらず、竜平は真っ先に隠し子がいることを口にし、自らの非をすべてさらけだす。だが、そのいさぎよい竜平の告白に、静江も正邦も感服。大方の予想に反し、両家は意気投合する。

 ところが、その直後、たえと新平の息子・翔太(土井洋輝)がはしかにかかったことから、事態は一変! 
 大人にうつると危険だというはしかの翔太を前に、春日井家の面々は困惑。新平が母・千恵子(余貴美子)に確認したところ、はしかにかかった経験があるのは春日井家では円だけだという。そこで、円が宇喜田家からやって来て、翔太につきっきりで看病してくれることになった。

 円の看病の甲斐あって翔太は回復するが、何日間も戻ってこない嫁を心配し、正邦と静江が春日井家まで円を迎えにやって来た。
 そこで、円がなかなか子どもを身ごもらないため、家元夫人として非難を浴び、つらい立場に置かれていることを竜平たちは初めて知らされる。円の苦悩を察した竜平は、思いもよらない行動に出るが…!?
posted by ノリ at 10:54| 藤原紀香 ドラマ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。