2007年11月01日

渡、紀香も参加「おいしいごはん」展&第2話あらすじ

俳優渡哲也(65)主演のテレビ朝日系「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」(木曜午後9時)の番組特別展が10月31日、東京・新宿タカシマヤで始まった。この日は渡、藤原紀香(36)徳重聡(29)ら出演者も駆け付け、舞台である米店や春日井家の茶の間などセットの忠実な再現ぶりに感激していた。
 5日までの期間中、抽選でお米プレゼントがあり、この日は新潟産こしひかり2合分を渡、藤原らが1人1人と握手しながら手渡した。ドラマで頑固おやじ竜平役の渡は「笑えて泣けて、ほのぼの感やしみじみ感が感じられ、台本を読んだ時から作品の手応えを感じていました」とPR。期間中の抽選会には渡、藤原、舘ひろしら出演者が日替わりで登場し、渡は1日、5日の予定。
 1日の放送で渡は入浴しながら倖田来未の「Butterfly」を熱唱するが「大変苦労しました」という渡に、藤原は「お気に入りのシーンです!」。     (引用 YAHOOニュース


●第2話あらすじ 11月1日(木)
竜平(渡哲也)の“隠し子”・沢野雫(星井七瀬)がいきなり大荷物を抱えて春日井家に転がり込んで来たことに、新平(徳重聡)、円(羽田美智子)、楓(水川あさみ)ら子どもたちは、がく然とする…!
 実は昨年、雫の母・美雪(高島礼子)が他界。雫は叔母夫婦のもとで暮らしていたが、折り合いが悪く、それを聞いた竜平が、雫を鎌倉に呼び寄せたという。

 たえ(藤原紀香)は初耳だったが、円や楓によると、北鎌倉で小料理屋を営んでいた美雪は、ある日突然、町から姿を消したという。しばらくして、仙台に移り住んだ美雪に、竜平が毎月、仕送りを送っていたことが発覚。しかも、美雪の子どもである雫を、竜平が認知していたこともわかった。
 それらが判明した1992年、当時19歳の新平が竜平にくってかかる大騒ぎを起こし、妻の千恵子(余貴美子)と子どもたちは家を出、春日井家は崩壊したのだった…。

 「隠し子なんかと一緒に住めるか!」…。父の身勝手さに怒った新平は、竜平が余命いくばくもないことを知って同居を決めたばかりなのに、早くも春日井家を出て行こうとする。だが、竜平から、「孫の翔太(土井洋輝)は米店の跡取りだから置いていけ」とすごまれ、仕方なく、翌日、春日井家の離れに引っ越してくることに…。
 そんな新平たちの怒りを尻目に、竜平は雫がかわいくてたまらない様子で、せっせと鎌倉の町を案内してまわる始末だ…。

 ところがその矢先、雫が母の形見として大切にしていたクマのぬいぐるみが何者かに切り裂かれた上、ゴミ捨て場に捨てられるという事件が発生! 形見を無残な姿に傷つけられた雫は、ショックを隠せない。
 竜平は、新平、円、楓の中の誰かが犯人と決め付け、またもや春日井家に亀裂が走るが…!?

今夜21時からの放送ですexclamation×2お見逃しなくわーい(嬉しい顔)TV
posted by ノリ at 11:00| 藤原紀香 ドラマ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。