2007年07月20日

紀香結婚後初連ドラ、石原軍団に嫁ぐ

20070718-00000042-nks-ent-thum-000.jpg
藤原紀香(36)が石原軍団に嫁ぐ? 石原裕次郎さんの20回目の命日にあたる17日、テレビ朝日と石原プロが連続ドラマ「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」(10月スタート)を共同制作することを発表した。紀香は、渡哲也(65)演じる頑固オヤジの一家に嫁いできたヒロインを演じる。この日、夫役の徳重聡(28)らと裕次郎さんが眠る横浜市の総持寺の墓前で、熱演を誓った。
 雨模様の中、紀香は裕次郎さんの墓前で静かに手を合わせた。「石原プロとのご縁を感謝しています。心を込めて頑張りますので、見守ってください」。渡と徳重に付き添われ、初めて訪れた総持寺。背筋を伸ばし、渡、徳重と並ぶ姿はまるで石原軍団の一員になったように見えた。
 05年の特別ドラマ「祇園囃子」以来、2年ぶり2度目の石原軍団との共演。2年前、俳優やスタッフが入り交じり、分け隔てなくみんなそろって同じものを食べる軍団流に「こんな温かい雰囲気は初めて」と感動していた。5月に行った陣内智則(33)との結婚披露宴に舘ひろし(57)を招待し、スピーチを依頼するほどきずなは深まった。結婚後初の連続ドラマに選んだのも、ファミリー的な空気に包まれた当時のことが忘れられなかったからだ。「またご一緒したいとずっと本当に思っていました」。墓参に訪れた裕次郎夫人のまき子さんからも「体に気を付けて頑張って」と激励され、感激していた。
 渡については「大きな安心感、大きな大きな船に乗っているような気持ちになる方」と話した。「祇園囃子」では最後にようやく父と知る娘役。今回は渡演じる米店の頑固オヤジの長男に嫁いできた活発な女性を演じる。「今回は正々堂々と覚悟を決めて嫁いでまいりました」と笑わせた。
 渡も、紀香との共演を希望していた。この日は「よく気が付いて心配りが細やか。現場を明るくする。もう少し若かったら言い寄りたいな」と笑わせた。「日本一きれいで有名なお嫁さんに嫁いでいただいた。現場が華やかになります」と8月1日開始の収録を楽しみにしていた。
 「おいしいごはん」はタイトル通り、毎回、家族で食卓を囲む場面が登場する。食事作りは紀香演じる長男の妻の役回り。「料理を作るシーンがたくさんあるので、いっぱい覚えて帰りたいな」と新妻の顔ものぞかせた。    (引用 YAHOOニュース



どんなドラマに仕上がっていくのか、楽しみですねわーい(嬉しい顔)ひらめき

posted by ノリ at 10:49| 藤原紀香 ドラマ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。