2007年06月14日

芸能界一の“アゲチン”男は?

「格差婚」なんてオチョクられているが、陣内智則(33)こそアゲチンの典型じゃないか。
 誰が見ても“落ち目”だった藤原紀香(35)が結婚を機に大変身。昨年は1本に落ち込んだCM契約が、この数カ月で6本に急増した。生中継の超豪華披露宴は24・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率。披露宴当日に紀香が出版した「ハッピー・スピリット 紀香魂」(幻冬舎)は、発売から2週間足らずで18万部を突破である。印税収入は約2500万円。“結婚興行”の実入りは、ざっと5億円である。
 そこで、他にも結婚で女性が“復活した”カップルはというと――。高島礼子―高知東生、松居一代―船越英一郎、山口智子―唐沢寿明なんかがいる。離婚したが、小柳ルミ子―大澄賢也もそうだった。結婚直後のルミ子の復活は話題になった。
 もっとも、紀香には厳しい声もある。
「結婚特需はもって年内でしょう。紀香は演技もトークも下手くそですからね。子づくりなどの話題でつなぐしかないかもしれません」(芸能記者)
 陣内の“アゲチン”の真価が問われるのはこれからか。
             (引用 YAHOOニュース



言いたい放題だなぁ〜爆弾
確かに紀香の仕事は結婚が決まってから増えたけど、
今後減ろうが、陣内が頑張るだろうし、2人が幸せなら
いいと思う
ちっ(怒った顔)exclamation×2
posted by ノリ at 10:43| 藤原紀香&陣内智則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。